黒生姜についてちょこっとだけ調べてみたよー(/・ω・)/

ここのところ周りがダイエットを始めて結果を出しているので、内心焦っているアラフォー主婦です(;´・ω・)
過去に半日断食(1日1~2食)、ケトジェニックダイエット、カロリー制限+有酸素運動などいろいろやってきたのですがことごとく失敗しています。
かるーくトラウマというか、苦手意識というか、あきらめもあるんですが・・・・

いやいやいや、こんな弱気じゃだめですね(;´・ω・)
今年こそは痩せますよー!

ホント、前回書いた運動嫌いの友達の旦那さんが1か月で5キロ落としたのは衝撃的でした。
しかもげっそりした感じじゃなくて、健康的に痩せている感じだったので。相変わらずお肌がぴちぴちだったしw
そんなに年齢変わらない、、っていうか、むしろ彼の方が上なのに私よりお肌ぴちぴちなんですよー。
しかも化粧水すら使っていうから、それも驚きなんですけどねw

あっ、話題がそれましたね。
そうそう、最近気になっている黒生姜についていろいろ調べているんですよ。
ブラックジンジャーとか黒ウコン、男性向けサプリメントだとクラチャイダムって呼んだりするみたいですね。

私も運動は結構苦手なので、できれば食事とかサプリで落としたいって思っています。
そこに友達の旦那さん(運動嫌い)が痩せたって話を聞いたら、ちょっと勇気が出ましたw

それで、なんで黒生姜かって話なんですが、私冷え性なんですよ。
女性って、冷え性の人多いですよね。
私の友達もけっこう冷え性が多くて、この時期は生姜をたっぷり摂っている友達もいます。

ただ食事で毎回摂るとなると、ちょっと面倒じゃないですか。
だから黒生姜のサプリメントにしようかなって。

黒生姜は名前からわかる通り、ショウガ科の植物です。
タイが原産国らしいのですが、向こうでは1000年以上前からヘルスケア食材として親しまれているようです。
摂り方はスライスして(?)お茶にして飲んでいるようです。

黒生姜にはアミノ酸が豊富に含まれていて、その他にもポリフェノールや鉄分、冷え性の改善に期待できるショウガオールも含まれています。
黒生姜の効果としては血流改善やコレステロールの減少。アンチエイジングやダイエット、冷え性に良いみたい。
まさに中年太りで冷え性、そしてアラフォーの私にぴったりです。

いろいろ黒生姜が入っている商品を見ているのですが、女性向けと男性向けで謳い文句が違うのが面白いですね。
女性向けは書いた通りなのですが、男性向けの商品だと疲れやすい体質を改善したり、あと精力サプリとしての機能を前面に押している感じです。

最近、私の旦那さん、あっちの方が元気ないから、旦那さんの分も探してみようかな。

友達がケトジェニックダイエットで1か月間やった結果・・・

私のお友達にケトジェニックダイエットをやっている友達がいるんですよ。
しょっちゅうLINEで、「今日はこんなの食べてるよー」とか「トレーニングで筋肉痛・・・つらたん(´・ω・`)」って送ってきてたので頑張っているなーと思っていました。
それもあって、私もこの中年太りの体型をどうにかしようと思って、実はこのブログを立ち上げたわけなんです。

その友達から、ちょうど1か月間経ったので実践報告ということでLINEでメッセージがきたんですよ。写真付きで。
まず結果から言うと、1か月で-7キロ( ゚Д゚)
写真見たら全体的にすっきりしていて、特に顔が小顔になっていました。

もともとそんなに顔が大きいわけではなく、普通くらいだったので、実際に会ったら小顔になっているんだろうなーと思いました。
本人にLINEで聞いてみたら、やっぱり「旦那さんとか周囲に小顔になったね。」って言われているみたいです。

うらやましーなー。

ちょっとケトジェニックダイエット試してみたいなーと思いましたね。
でも、過去に失敗した経験があるんですよね。

炭水化物以外なら、何でも食べれるし、おなかはすくことがないんですよ。
友達もカロリーが少ないから、もっと食事の回数を増やしなさいとトレーナーに言われてるって言ってましたし。

ただね、いくらでも食べれるといっても、炭水化物抜きの食事って飽きちゃうんですよ。
そんなにバリエーションがあるわけじゃないので。

もしかするといろいろ工夫すれば、もっと楽にできるかもしれないのですが・・・。

友達も「サラダチキン飽きたー!!」とか「ゆで卵はもう見たくない(´・ω・`)」なんて送ってきてたので、やっぱり食事制限はつらそうです。
その友達はうどんが大好きなので、いまでこそ「かなり慣れた!」とは言っていますが、やっぱりはじめの方はつらそうでしたね。

だからこそ、ケトジェニックダイエットってしっかりと管理してくれるトレーナーさんの力が必要なんだなと思いました。
うらやましい反面、自力では無理だろーなと感じたお話でした。

脂質とカロリーを抑えるか、炭水化物を摂らないか・・・どっちも大変だけど

ダイエットというと、脂質とカロリーを抑えたダイエット方法が一般的ですよね。
日本人は炭水化物がメインの食生活を送っていて、運動もしなくなるので、年齢とともに太る人が多いですよね。
基礎代謝が落ちていくので、同じ食事をしていてもおなかの周りにどんどんお肉がついてしまいます。

欧米人は太った人が多いというイメージですが、男性でも女性でも筋肉質でかっこいい体形をしている人も多いです。
欧米ではたんぱく質がメインの食事で、生活の一部としてトレーニングをするのが一般的なんだそう。
だから部屋に行くと普通にダンベルが置いてあるのが当たり前の光景なんです。

日本ではちょっと考えられないことですよね。
ダンベルとか置いてあったら、それだけで体に対する意識が高いのかなと思われたりします。

筋肉を作るたんぱ質をたくさん摂りながら、トレーニングが習慣化している欧米人。
炭水化物をたくさん摂るのにトレーニングが非日常的な日本人。
どちらがいい体になるかは言わなくても分かります。もちろん、前者です。

ダイエットのためには、筋肉の合成のためのたんぱく質メインの食事にすること。
そしてトレーニングをして基礎代謝を上げることが大事です。

ただダイエットというと、ご飯がちょっとしか食べられないことにストレスを感じる人も多いですよね。
私も食べることが大好きなので、ストレスに感じでしまいます。

そんな人におすすめなのがケトジェニックダイエット。
このダイエットの特徴は食事の量はあまり気にしなくていいこと。

その代わりに炭水化物は1日に50gしか摂れないので、基本的に炭水化物は摂れないんですけどね。
その分、脂質は気にしなくていいどころかたっぷり摂れるので白米とかパンとかなくても平気という人にはいいかも。
ベーコンやチーズ、バター、アボカドなどたんぱく質や脂質はたっぷり摂れるのはうれしいです。

脂質=ダイエットの敵みたいなイメージがありますが、ケトジェニックダイエットでは必要な栄養素になります。
人の身体は普段は炭水化物を分解して糖に変え、それをエネルギー源にしていますよね。
でも2週間も炭水化物が摂れず、脂質を摂っていると、体は脂質をエネルギー源に変えようとするので脂肪が燃えやすい体になるんだとか。

だから体脂肪を落としたいけど、食べる量が少ないのはヤダ!という人には向いているダイエット方法ですね。
ただご飯とかパンが好きな人にはかなり辛いので、そういう人は挫折しやすいみたい。

カロリーコントロールと脂質を抑えるか、炭水化物をカットするか、どちらにしてもかんたんではありませんね。